相続問題解決・不動産 不動産買取相談 リーシング開業案件 株式会社innovation9 イノベーションナインのブログ

不動産・遊び・趣味・仕事・食事を探して楽しむ
今重要なこと・ただ 今 大切なこと

不動産大手各社、リフォーム事業強化 中古マンション市場に活気



不動産大手各社、リフォーム事業強化 中古マンション市場に活気

大京は新型店舗でリノベーションの性能をアピールする=東京都江東区(写真:フジサンケイビジネスアイ)
 中古マンション市場が活況を呈する中、大手デベロッパーの間でリフォームを行った物件の販売を強化する動きが活発化している。大京グループは22日、リフォームのショールームを併設した新しい形態の不動産仲介店舗を開設。東京建物は、リノベーション(大規模改修)事業の第1弾となるモデルルームをこのほどオープンした。新築物件の価格が上昇する中、割安感のある中古マンションの人気は根強い。顧客の囲い込みに向けた競争は一段と激しさを増しそうだ。
 大京グループが開設した「リノサロン」(東京都江東区)は、キッチンや浴室など水回りの機器約20点を展示。築25年の物件では平均的な広さとなる面積(10.7畳)のリビング・ダイニングをリフォームしたモデルルームを設置、リノベーションの品質を訴求する。
 大京は中古物件を購入しリフォームを行って販売する「リノアルファ」事業を展開。2016年3月期の実績は2年前に比べて1.5倍の1200戸となる見通しだ。今後は「中古を購入した上でリフォームを行いたいという顧客の獲得に力を入れていく」(大京穴吹不動産の海瀬和彦社長)方針。リノサロンを通じて売買仲介とリフォームをワンストップで提供する。
 今後も新形態の不動産仲介店舗を展開し、全国で10店舗体制を目指す。こうした取り組みによって20年までにリノアルファの販売戸数を2000戸まで拡大する計画だ。
 東京建物は自社で中古物件を購入して大規模改修を行い、自社の新築分譲マンションブランド「ブリリア」並みの品質に物件価値を高めて販売する事業に乗り出した。東京・代官山のマンションの一室を買い取り、リノベーションしたモデルルームを設置。この取り組みを通じ顧客のニーズを探り、本格展開につなげる。
 住友不動産はマンションリフォームに特化した事業の拠点を、東京・新宿に開設。工事の前後を比較できるコーナーを設けるなどコンサルティング機能を強化。中古物件を購入して大規模リフォームを行う層の獲得に力を入れる。
 東急不動産は、都心3区を中心としたリノベーション事業に参入した。ブランド名は「マジェス」。都心の六本木や麻布で築15年程度までの賃貸マンションなどを1棟で仕入れ、共用部も含め大規模改修して販売する。年間1~2棟、売上高100億円を目標に掲げる。
 東日本不動産流通機構によると、首都圏の中古マンション成約価格は36カ月連続して上昇している。牽引(けんいん)役は築年数が浅くて都心部にある物件。一方でリフォーム販売の対象となる比較的古い物件はなお割安だ。分譲価格の上昇で新築マンションの販売戸数が減少しているだけに、中古物件のリフォーム需要はさらに拡大するとみられる。(伊藤俊祐)  *引用記事


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。