相続問題解決・不動産 不動産買取相談 リーシング開業案件 株式会社innovation9 イノベーションナインのブログ

不動産・遊び・趣味・仕事・食事を探して楽しむ
今重要なこと・ただ 今 大切なこと

不動産 国交省調査 昨年の新設住宅着工数

15年の新設住宅着工数、1.9%増の90万9,299戸/国交省調査




 国土交通省は29日、2015年および15年12月の建築着工統計を公表した。

 15年の新設住宅着工戸数は90万9,299戸(前年比1.9%増)と、昨年の減少から再びの増加。新設住宅着工床面積は7,505万9,000平方メートル(同0.8%減)で、2年連続の減少となった。

 利用関係別では、持家が28万3,366戸(同0.7%減)で2年連続の減少。貸家は37万8,718戸(同4.6%増)と、4年連続の増加に。分譲住宅は24万1,201戸(同1.6%増)で、昨年の減少から再び増加した。うちマンションは11万5,652戸(同4.7%増)と再び増加したが、一戸建住宅は12万3,624戸(同1.4%減)で2年連続減。

 12月の新設住宅着工数は7万5,452戸(前年同月比1.3%減)、新設住宅着工床面積は605万3,000平方メートル(同3.4%減)と、いずれも先月の増加から再びの減少。季節調整済年率換算値も86万戸(同2.2%減)と、再びの減少となった。
 
 利用関係別では、持家が2万2,440戸(同5.4%減)と8ヵ月ぶりの減少。貸家は3万3,735戸(同3.9%増)と、2ヵ月連続の増加に。分譲住宅は1万8,920戸(同3.5%減)と、先月の増加から再び減少した。うちマンションは7,534戸(同13.5%減)で4ヵ月連続の減少、一戸建住宅は1万1,188戸(同3.9%増)と2ヵ月連続の増加。



国土交通省  引用記事

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。